ドヴォルザーク・アントニーン(Dvořák Antonín) チェコ共和国の情報

ナヴィゲーション

サーチ

カゴと支払う


合計 0,- コルナ
(日本円
0,-
   


プラハの時間



My skype status: My status



ドヴォルザーク・アントニーン(Dvořák Antonín)



1841-1904

   ドヴォルザーク・アントニーンは1841年9月8日にネラホゼヴェス(Nelahozeves)と言う村で肉屋の息子として生まれました。
   プラハでオルガンご音楽学校を卒業した後オーケストラや音楽の団体、教会などでバイオリンやオルガンを弾きました。Brahms J.はベルリンの出版社にドヴォルザークを紹介してと頼み 「スラブ舞曲」 「モラビアの二重唱」を出版しました。この作品は人気があって、ドヴォルザークは有名になりました。

   1878年から指揮者と作曲家として働いて外国にもよく行きました。特にイギリスで自分作品のコンサートを指揮しました。ドヴォルザークがイギリスで有名になったきっかけは「スターバト・マーテル」です。
   「スターバト・マーテル」は日本語では 「悲しみの聖母」と訳されています。御子イエスがはりつけとなった十字架のもとにたたずむ聖母への祈りの歌です。1880年に「スターバト・マーテル」がやっと初演されました。ドヴォルザークはこの音楽に自分の悩みを入れました。1875年に彼の娘は生まれてすぐ二日間で亡くなって、1877年一ヶ月間で相次いで1歳の娘と3歳の息子も亡くなりました。この相次いだ不幸な出来事が1877年に「スターバト・マーテル」を 一気に完成させるきっかけになりました。
   1892-95年にアメリカのニューヨーク国民音楽大学の校長になりました。1893年にアメリカで自分の名作「新世界」を書いて1894年12月15日にニューヨークのカルネギー・ホールで初演が行われました。
1895年にプラハに帰って音楽の大学で音楽を教えました。ドヴォルザークは1904年に亡くなりました。
プラハでドヴォルザークの博物館があり、お墓はウィシェフラドにあります。プラハの「芸術家の家」には有名なドヴォルザークのホールもありそこでチェコ・フィルなどのフィルハーモニーのコンサートが行われます。
   希望者はドヴォルザークの思い出ツアーとかコンサートの切符を予約することが可能です。



コンサートのチケットドヴォルザークの博物館 | ネラホゼヴェス・ドヴォルザークの生まれた家 | ウイキペディアの項目 |


チェコにあるのドヴォルザークの関係所

地図拡大



リンク
海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告